News List 校長日記
熱血校長の希望日記

語り合う

2019.04.05

昨日城北高校は職員研修会をしました。いい研修会でした。4月5日今日の暦は「清明」です。明るい清らかな季節です。この季節は、特にモネをゴッホをセザンヌをシスレーを観たくなる季節です。本物が日本の美術館にあります。またこの季節は、特にモーツァルトをスメタナをドボルザークをチャイコフスキーを聴きたくなる季節です。スメタナのモルダウ川を聴いてきました。城北高校の経営理念と教育理念は、「職員一人一人が生徒が城北高校に入学して良かったと思う教育をすること。」です。教師の愛と指導力と感性で生徒たちの可能性を引き出します。昨日の研修は、生徒指導、教育支援、人権教育の3本柱で本校の先生が講師でその具現化のための研修でした。講師の先生の生徒への熱い思いが職員に伝わりました。進化しています城北は。職員の愛と指導力と感性を高め磨き資質を向上させ城北ならではの教育をします。生徒をどこにも負けない面倒見で満足させるための今年度の職員のキーワード「語り合う」です。生徒を中心に、城北の教育を自分の教育を、あなたの教育を語り合います。そして城北フィロソフィ「何か手伝おうか」は不動です。

頂上へGO!