News List 校長日記
熱血校長の希望日記

人間その人の言葉

2019.09.05

校長日記をパソコンで書いています。夜にはリンリン・リンリンと鈴虫の鳴き声が聞こえます。今鳴いておかなければと鳴いている気がします。私たちに命を燃やしていることを知らせている気がします。すごいことに、素晴らしいことに人間には言葉があります。「言葉」人間の人間である最高の持ち物です。その人の「言葉」はその人の精神。その人の魂そのものです。しかし最近、言葉には魂のある言葉とICデータ機械の言葉があるように思うことがあります。手書きの文章の言葉とパソコンで打った文章の言葉が違うことはありません。しかし、考える前に機会が言葉を選ぶことがあります。ただのデータの言葉がいっぱい並びます。将来人は、データの言葉を話すようになるのではと思ったりもします。私は、看護専攻科の学生に看護師は言葉と持っている空気と看護技術で患者さんの不安や苦しみを取り除けると教えます。先生からの生徒一人一人への「文章の言葉」も、心のこもった愛情の言葉です。

頂上へGO!