News List 校長日記
熱血校長の希望日記

目の前

2019.10.29

北の国から渡り鳥が飛んで山鹿に来ました。「今年もよく来たね!」。昨日も朝から放課後までたくさんのたくさんの何百の笑顔に会いました。笑顔を相手に贈る生徒を心から愛おしく思います。愛と指導力と感性で「目の前の生徒に関わる」この関わりの深さ、適格・適切さ、これが学校の資質です。授業を通して、授業以外のあらゆる場面を通して目の前の生徒に深く関わる。このことが昨日の主幹会議で話題になりました。それは、目の前の課題でもありました。目の前の課題を解決して、新しい価値を創造する。これが仕事の鉄則です。そのことを話し合いました。希望が溢れています。わくわく会議です。昨日校内のあらゆる場所で送られた生徒たちの笑顔は先生たちの関わりで生まれた笑顔と信じています。「人知れずいいことをする」「他人の成功を心から祝福する」「どんな人に対しても愛をもって接する」

頂上へGO!