News List 校長日記
熱血校長の希望日記

気づく人に

2016.12.27

二学期が終業して今日から冬休み出す。今日は学校の餅つきです。学校と生徒・学生の安全祈願と必勝合格祈願を目的にPTA主催で行います。昨日今日に賭けて部活動は県外に県内に合宿に出発しています。成果のある合宿になるよう祈ります。昨日の終業式では、城北高校の「この坂を上れば希望がある」の希望とは変われること。変われる問いは成長することです。何のために成長するのか成長しなければならないか、それは「与える人」になるため。アンパンマンのような自己犠牲してでも人に優しさを与える人になろう。今高校生としては、笑顔の挨拶をお先にどうぞをトイレを汚さないを心の掃除で与える人に。また将来自分の仕事で与える人になるために精一杯授業を受けよう一生懸命授業を受ければ理解力読解力想像力表現力といった力がつく。その力が大きければ大きいほど与える仕事ができる。そう話しました。与える人自己犠牲の出来る人。それは「気づく人」気づく人に私はなりたい。私は気づきが足りない本当に足りないと深く反省する。しかし諦めないで気づく人になる努力をしていきたい。それを生徒に背中で教えたい。

頂上へGO!