News List 校長日記
HOME / 熱血校長の希望日記 / 校長日記(令和2年度) / 建学の精神「人間をつくる」
熱血校長の希望日記

建学の精神「人間をつくる」

2020.06.23

私学は、建学の精神が、そこに学校がある意味です。全校生徒朝会はやはり、城北高校の空気醸し出しました。整然とした温かい城北の当たり前の空気でした。丹田呼吸黙想の後、本校今月の論語「徳は弧ならず 必ず隣りあり」を素読しました。徳を黙々と積む人は信頼される。誰も人の見ていないところで、黙って人のためになることをする。3年生の生徒が、希望手帳に書き入れていました。1年生にとって初めての全校生徒朝会でした。城北スピリッツの空気に触れて、彼らが、また、より素晴らしい空気をつくってくれるでしょう。建学の精神「人間をつくる」校訓にある、誠実で明朗で忍耐強く思いやりで人にために尽くす人間をつくる教育を貫くことが、ここに城北高校が存在する意味なのです。

頂上へGO!