News List 校長日記
HOME / 熱血校長の希望日記 / 校長日記(平成29年度前期) / 根を張れよ!誇りある生徒たちよ!
熱血校長の希望日記

根を張れよ!誇りある生徒たちよ!

2017.04.18

 春の嵐に桜の花は潔く散りました。そして美しい若葉が生き生きと繁ってきます。新緑の青葉繁れるの時が来ます。私たちも自分の自分自身の心の樹を大きく育てなければなりません。花を咲かせ葉を繁らせ実を結ぶために、自分の心の樹の根を深く深く張らねばなりません。屋久杉のように千年も生きる樹もあります。自分の樹を大きく育てるためには、自分の心にしっかりとしたぶれない「哲学」を持つことです。事あるごとに常に哲学に帰り、「哲学」を実践することです。哲学を徳で実践することです。土曜日も、日曜日も、代日休みの昨日も、本校の生徒たちは輝いていました。女子ハンドボール部と男子バレーボール部は春の県大会の決勝戦で惜しくも敗れましたが一生懸命に頑張って試合をしました。特にコートに入っていない仲間の応援の姿に感動しました。代日休みの昨日、市の図書館に行って帰る途中で寮生の集団を車から見ました。学校の食堂でお昼ご飯を食べた帰りでしょう。雨の中きちんと制服を着て自転車一列で整然と信号待ちをしていました。声を掛けると笑顔で大きなあいさつを返してくれました。輝いている生徒たちです。しっかりと自分の心の樹の根を張っている誇りある生徒たちです。

頂上へGO!