News List 校長日記
HOME / 熱血校長の希望日記 / 校長日記(平成27年度後期) / 4月19日(火)まだ余震が続いています。…
熱血校長の希望日記

4月19日(火)まだ余震が続いています。…

2016.04.19

4月19日(火)まだ余震が続いています。多くの全国の知人から「何か出来ることはないか!」と電話が掛かってきます。涙が溢れます。本校の生徒は常々からボランティア精神に溢れています。日頃実行している生徒たちが沢山います。これから何が出来るかを考えています。今朝の地元紙熊本日日新聞の18歳選挙権特集に本校の主権者教育の一環熊本県知事選挙の模擬投票における生徒の望み方が見開き一面に特集されています。地震のような自然災害を考えても政治の大切さを痛感じます。南米ウルグアイ前大統領「世界でいちばん貧しい大統領」の愛称ホセ・ムヒカ氏は「人間は完璧な存在ではない。間違いを犯すし、矛盾も抱えている。だからこそ政治が必要だ。完璧な社会などあり得ないのだから、いかに共存出来るのかを考えるのが政治であり、社会全体のことに心を砕く。自分の意志を持って生きることが大事」と講演の一部で言っています。「世界をより良くしよう」と思う生徒を城北高校は育てたい。

頂上へGO!