News List 校長日記
HOME / 熱血校長の希望日記 / 校長日記(平成27年度後期) / 3月30日の朝です。自分の置かれた場所で…
熱血校長の希望日記

3月30日の朝です。自分の置かれた場所で…

2016.03.30

3月30日の朝です。自分の置かれた場所で精一杯に咲く。「咲く」とは、仕方がないと諦めるのでなく、笑顔で生き、周囲の人々も幸せにすることです。学校は「希望の象徴」でなければなりません。目の前の子どもには無限の可能性があります。この子どもたちに希望の光を与えることが教育なのです。希望の光とは、いつからでも変われる、人は誰でも皆平等に良い方に変わろうと努力することはできることを教え導くことです。

頂上へGO!