News List 校長日記
HOME / 熱血校長の希望日記 / 校長日記(平成26年度) / 「最高の仕事をする人」を匠といいます。伸…
熱血校長の希望日記

「最高の仕事をする人」を匠といいます。伸…

2014.05.29

「最高の仕事をする人」を匠といいます。伸びている学校には匠がたくさんいると聞きます。
匠は3つの念を持っていると月刊誌発行人の藤尾秀昭さんは言っています。1つは「成功するまでやめない執念」2つ目は「丁寧な真心を込めた仕事に手抜きをしない丹念」3つ目は「思いやり気づきコミュニケーション能力ある情念」だそうです。仕事は生活の糧であるばかりでなく、いや仕事の本当に報酬は、自分の人間性が高まることだと思います。自分が一生懸命に自分に与えられた仕事をすることによって、人間としての力がつき、人間として成長できることが仕事の真の報酬だと考えます。そしてまた仕事の報酬は仕事です。仕事を懸命にやって自分の精一杯の努力で良き仕事を残すこと、それを仕事の作品と考えます。私たち教師の仕事は人のため世の中のために与える人になろうと生きる人間をそんな生徒をつくることです。それが私たちの仕事の報酬です。

頂上へGO!