News List 校長日記
熱血校長の希望日記

5年一貫の教育の笑顔

2017.08.24

 おはようございます。ようこそ校長日記へ。朝焼けが美しい朝でした。朝陽も眩しかった。朝陽の光を浴びるとセロトニンという幸せホルモンが身体に出ます。生きる力になります。コスモスの花がどこかに咲いているような気がします。昨日もたくさんのお客様が学校に来られました。また卒業生も来てくれました。お客様方は、口々に本校の生徒のあいさつや振る舞いを褒められました。特に、お尋ねへの笑顔での親切な対応に感動しておられました。爽やかな笑顔は、人に感動を与えるのです。私はこの爽やかな笑顔のあいさつや振る舞いを城北高校の名物にしたいと思っています。人に笑顔を与えられる人になってのしいのです。今年の3月看護専攻科を卒業して日本屈指の大学病院である東京女子医科大学付属病院で看護師として勤務する宮本さんが夏休みをとって訪ねてくれました。校長室でいろいろな話を聞かせてくれました。その凛とした成長ぶりに感激します。看護科・看護専攻科と5年間在校してくれています。城北への思いもひとしおです。宮本さんの人柄は、東京の大病院の周りも温かくしています。だから先輩に恵まれています。最後に「城北高校の看護科でよかったです。5年一貫の看護教育が現場では生きてきます。たくさん書く授業をしていただいた先生方に感謝しています」と胸を張って話してくれました。小児科に勤務する宮本さん優しい笑顔が素敵な看護師さんです。

頂上へGO!