News List 校長日記
熱血校長の希望日記

頭がいい

2020.12.15

遠く雪国では雪が降りしきっています。テレビで雪かきをする人が「雪国に生まれた宿命です」と言っていました。私は、雪が降らないこの地は恵まれてると思いましたが、いや雪国には雪国にしかない宝がある。と思い直しました。斎藤孝さんの中学生向けの本「『頭がいい』ってどんなこと」を読みました。が、あまりよくつかめませんでした。私は頭がいいとは、人のためになる「問題を解決する力があること」と思います。今世界が求めている頭がいい人は、「コロナ禍を解決できる人」です。問題を解決するためには、あらゆる知識が必要です。知識を活かす広い視野が必要です。人を思いやる心が必要です。諦めないなにくそ力が必要です。あらゆるバランス感覚が必要です。あくまでも善です。悪には頭がいいは存在しません。これからもまた、生徒たちのために「頭がいいとは」を考えていきます。

頂上へGO!