News List 校長日記
熱血校長の希望日記

陽気とヘミングウェイ

2018.02.09

梅の蕾からほのかな春の香りがしてきています。寒さにも何か心が温かくなります。豪雪の地は、雪の始末に苦労しておられます。自然との共生は人間にとって前向きな知恵を絞るしかありません。人間にとって「陽気」とは?と考えます。アーネスト・ヘミングウェイは「誰がために鐘は鳴る」の中で「すべて優秀なるものは陽気だ」と書いています。この言葉にたいしてドクター鎌田實さんは、「この言葉は生きるためにとても重要な言葉です。人生をカタチあるものにするためには『陽気』が大事なのです。」と言っています。「陽気」は優秀だと思います。「陽気」を保つこと「陽気」に振舞うことは、お金を掛けない純粋な社会貢献であると考えます。陰気は、自己中心な社会悪と思うのですが。

頂上へGO!