News List 校長日記
熱血校長の希望日記

達人来校

2022.09.08

中学1年生の美術の教科書でアルフレッド・シスレーの絵に惹かれて、先日数ある名画が集まった美術館で目の前で再度(また)シスレーを見て、やはりシスレーの絵こそが印象派の最高峰だと確信しました。中学1年生の感性に感謝しました。秋になりました。これから深まる秋を生徒たちは「いろいろな感覚」で感じ取って欲しいです。昨日、山鹿のビジョン先駆者で里山農業の達人と私が称する株式会社パストラル社長の市原幸人氏が来校されました。第51回日本農業賞食の架け橋の部大賞「新しい里山農業のカタチ」の冊子を職員と生徒にと持ってきて頂きました。職員も生徒もあの有名な洋菓子店の社長さんですと紹介すると「ああ!ワ―!」とよく知っています。市原社長は私にとって「刺激の塊」の人です。職員もすぐに引き込まれていました。早速職員は、この冊子を使った山鹿学の講師をお願いしていました。この冊子にはいろいろなビジョンや地域活性化やこれからの教育のありか方や学校経営のヒントが詰まっています。楽しみです。市原社長は生徒の笑顔から学校の「空気」を感じ取って、そのことを話していただきました。とても感激しました。

頂上へGO!