News List 校長日記
熱血校長の希望日記

資源になる人材

2018.06.26

梅雨の朝フジ子・ヘミングのピアノでリストとショパンを聴いて学校に来ます。生徒たちが学校を守ってくれています。寮生のあいさつと清掃で学校が目覚めます。城北高校には毎日のように卒業生が訪れます。本当に毎日のようにです。「後輩にメッセージを」とお願いします。「城北高校は、何故かここに戻って来たくなる学校です。諦めないで頑張ってよかった。後輩は先生たちともっとたくさん話せばいい」と話してくれました。しっかり働いている卒業生の言葉です。私は、在校する生徒たちに社会を分析する力をつけたいです。社会の中で資源をどのように生かして経済が成り立ち、より良い社会のために政治があることをなどやこれからの社会の未来像などを。日本の重要な資源は人であることを。

頂上へGO!