News List 校長日記
HOME / 熱血校長の希望日記 / 校長日記(令和2年度) / 論語の仁と徳「お先にどうぞ」を学ぶ
熱血校長の希望日記

論語の仁と徳「お先にどうぞ」を学ぶ

2020.04.14

城北の進化する「7つの学び」その2、【論語の仁と徳「お先にどうぞ」を学ぶ】

城北高校の教育理念は、心を磨く教育です。心を磨くとは、校訓である誠実で明朗で忍耐強い心を育てることです。そのことが建学の精神「人間をつくる」のです。そのために城北高校は、2500年続く人の道の教え「論語」を3年間学びます。誠実な心とは、人のことを思う。人のためにと思う心「仁」です。明朗な心とは、感性が豊かで優しく明るい前向きでお先にどうぞを実行する心「徳」です。忍耐つよい心とは、根を見て、粘り強くやり続ける失敗してもなにくそと立ち上がる根を張る心です。人が喜ぶために力を尽くしてそれを幸せに感じる人間になるために、論語の心とアニメのアンパンマンの精神を学ばせます。学ぶことによって、人から必要とされることに喜びを感じる人間を育てます。

頂上へGO!