News List 校長日記
熱血校長の希望日記

読書は人生を生きる力

2017.08.10

 夏休み生徒たちみんな元気で暮らしていることを祈っています。戦争のない平和な社会の素晴らしさを考えてもらいたいです。遠い遠い歴史からの御先祖様からつながった自分の命のことを考えてもらいたいです。そして、スマホでなく、本を読んでもらいたいです。読書には生きる力があります。なんといっても集中力が必要です。読書に向き合えば集中力がつきます。これは生きる力の源です。読書は思考しなければなりません。読書に精通すれば思考力がつきます。思考力は人生を生きる大きな力です。一番は本を読めば想像力が高まります。創造力こそ人生でより良い仕事をするための一番の力になるのです。一冊の本があります。文字が書いてあります。文章が綴ってあります。文章を読むと考えなければなりません。考えれば私の脳の中に想像するイメージ像が広がります。本の紙のページを捲ると思考が広がります。広がって立ちどまると、そこでまた前のページに戻って読み返します。難しいわからない内容の文章も、集中力で我慢し続け読み続けると何となく解ってくる気がします。また読書の意味は、読んだ本から思考したことをものを知るだけでなく現実の自分の人生の生き方に重ねることです。

頂上へGO!