News List 校長日記
熱血校長の希望日記

誇れる生徒

2022.08.10

熊本県教育庁の県立学校教育局高校教育課の審議員から電話がありました。「校長先生先、実は、先日、本課が主催した、高校生グローバルチャレンジ精神育成セミナーで城北高校から参加された柳迫さんと中尾さんお二人が素晴らしかったので電話しました。3日間のいろいろな外国高校生との交流で、発言内容も素晴らしかったし、みんなの意見を「まとめる力」が凄いと感心しました。凄い生徒さんです。課で話題になってます。」と興奮気味に話されました。そうですかと嬉しく聞き入りました。参加した中尾さんの感想文の一部です。「私は、3日間の研修を通して自分の意見や感想を発表することへの不安や恐怖心が少し軽くなったと思います。同じグループの人たちや研修に参加している人たちが反応をしっかりと返したり、一言コメントをくれたりしたので嬉しかったです。また、人それぞれ注目しているところが違いそれをきくのは興味深いものでした。例えば、2日目のエストニア人一般家庭への訪問では専門学科ごとに質問した内容が異なっていたことです。この研修では、本当に様々なことを学ぶことができました。1日目はオーストラリアの海洋問題、タイにおけるトマト栽培について学びました。・・マイクロプラスチックがいずれ人間の体にも害を及ぼす可能性を身近に感じました。・・ビジネスを成功させるための戦略・計画性は凄いと思います。・・2日目は、グローバルビジネス教室、スリランカの高校生と交流、エストニアの一般家庭・スマートシティについて学びました。エストニアの一般家庭・スマートシティでは、エストニアと日本の違いやデジタル化による利便性を学びました。・・グローバルビジネス教室では「良い人に出会うこと」「全身全霊を込めて、時間を惜しまず仕事に打ち込むこと」はどんなことをしても大事だと思います。スリランカの高校生との交流ではテレビで報道されることと実際の出来事は異なっていて情報を正しく知ることができるようにならないと感じました。・・3日目は、チャレンジ精神育成セミナー、台湾の資源回収について学びました。チャレンジ精神セミナーでは、自分を分析すること、自分自身をコントロールすること、気持ちを込めてコミュニケーションすることは介護や人に関わるうえで大事なのでもう少し自分と向きあっていきたいです。台湾の資源回収については、女性の社会復帰の問題を解決するため企業や政府が女性の働く場を提供していることはよいと思いました。・・・私は、志望理由に書い通り世界の文化や歴史など世界のことが好きです。だからよくニュースをみます。しかしスリランカの高校生との交流で知ったようにニュースを鵜吞みにせず様々なテレビ番組やサイト等読み比べることが必要だと改めて感じました。・・私は、今後大学に進学する予定です。そのときに海外へ旅行へ行ったり、研修・留学したりしてみたと思います。参加して良かったと思う研修でした。今回の学び今後の学校生活等で活かしたいと思います。

頂上へGO!