News List 校長日記
HOME / 熱血校長の希望日記 / 校長日記(平成30年度前期) / 見る聞く知る考える行動する
熱血校長の希望日記

見る聞く知る考える行動する

2018.08.10

酷暑の夏休みですが生徒も先生も毎日勉強に部活動にまたいろいろな活動に頑張っています。自分をつくる夏休みです。「見ること。知ること。考えること。そして行動すること。」勉強して学ぶしかありません。そして自分をつくるのです。はじめの一歩から。自分の立っている位置から見えるものは限られます。今朝坂道を上ると、瞬時まで見えていなかった遠くの山脈とその上に昇る太陽が目に飛び込みました。日の出の瞬間に朝日の偉大さに見れたことへの感謝が感動がセロトニンという幸せホルモンを分泌します。坂を上ってよかった。動いてよかったと早朝の行動に満足しました。しかし、当然その場所の坂の上から見えるものしか見えません。宇宙から地球を見た人間もわずかですが、世界のあらゆる場所に何があり、あらゆる場所で何があっているか見えないし知りえません。自分の目で見るためには、知るためにはそこに行くしかありません。しかしそれには限界があります。現社会では情報はいろいろな方法で手に入ります。世界の情報を見て聞いて知って考えて自分にできる社会のための行動をすべきです。世界平和に向けて確実に人間は進歩しています。150年前のリンカーン大統領の奴隷解放宣言から50年前のキング牧師の演説から人間の心と精神は進歩してオバマ大統領が誕生しています。不可解な人間の心を、決してあきらめない真の人道教育を継続し続けるならきっと世界平和な地球が来ます。「仁」と「徳」を積む行動を一歩一歩実行し教えます。

頂上へGO!