News List 校長日記
HOME / 熱血校長の希望日記 / 校長日記(平成30年度後期) / 自分を変える「心のコップ」
熱血校長の希望日記

自分を変える「心のコップ」

2019.04.08

4月8日今日は、始業式の日です。学校のお正月です。新しい学校の歴史が始まります。昨日朝から鶯が桜の中で「ホ~・・ホ~・・」と囀りの練習をしていました。夕方には美しく「ホ~ホケキョ~」と美しく囀りました。夜中に春雷が鳴り響き、春の雷に白い桜の花が舞い散りました。時代が変わるといわれます。変わるのは自分です。世のために自分の人生を切り拓く。いい人生にするために自分をどう変えるかです。これが自分の歴史で時代です。自分を変えるために「心のコップ」に3つの言葉を込めます。1つは、「アンパンマンの精神を忘れない」です。人に自分の思いやりをあげようです。お先のどうぞの言える人になろうです。2つめは、「人との出会いを大切にする」です。人を認めること、人から謙虚に学ぶこと、人の良いところを褒める、人に心を開くこと自分でいようです。3つめは、「自分の考えを持つ」です。物事に対して自分はこう思う。自分の考えはこうです、と言える力をつけることです、そのために読書。本を読むことです。読んだ本を語ることでその力がつきます。新しい年度も「心のコップ」をしっかりと正していきます。

頂上へGO!