News List 校長日記
熱血校長の希望日記

自分をつくる喜び

2018.07.11

36度を超える猛暑の中、咲いたばかりのサルスベリの花がこれから100日黙って咲ききってみせるぞと咲いていました。本校の野球部は一球魂で初戦を突破しました。人間として生をうけ、人生を生きることは「自分をどうつくるかです。」尊い命をどのように使い切るかです。そのために自分という人間をつくるのです。その一歩は「心のコップ」です。これは学ぼうとする心です。授業から、人の話から、歴史から、書物から、謙虚に自分をつくるために学ぶのです。その次は「徳」です。徳とは実行です。「徳」とはなにかを自分の体にしみ込ませ徳の行動を積み重ねることです。「徳」を実行することが「命」を輝かせることです。私は、自分ができていません。自分をつくるために徳を体にしみ込ませるしかありません。徳を実行するしかありません。

頂上へGO!