News List 校長日記
熱血校長の希望日記

自分の頭で考える

2019.03.05

3月5日菜の花が菊池川の岸辺一面に咲き輝いています。学年末考査2日目です。考査は教師がどれだけ教えられたかを問う日です。生徒はどれだけ授業に集中できたかを問う日です。目の前のことに「集中する力」が考査の結果に繋がります。目の前のことに集中することからしか何も生まれません。集中の度合が考え抜く力になり物事を動かします。そこに入り込んでいく周りの音が聞こええなくなり時間が止まる感覚です。考えに考え抜いている時その感覚がきます。本を読み込んでいる時に時間を忘れます。これからは、「自分の頭」で考えることを試される時代です。APUの出口学長は人・本・旅で自分をつくり、「数字と、ファクトと、ロジック」で生産性を考えることが大事と言います。「自分の頭で考える」当たり前と思うでしょうが深い意味があります。

 

頂上へGO!