News List 校長日記
HOME / 熱血校長の希望日記 / 校長日記(平成29年度前期) / 自分が合格しても、最後まで全員で
熱血校長の希望日記

自分が合格しても、最後まで全員で

2017.09.26

 「志」を抱くとは、世のためになる人間になる決意をすることです。自分の命を人が幸せになることに燃やす決意をすることです。ひんやりとした朝まだ鈴虫がリンリンと鳴いています。秋の風に彼岸花が揺れています。「内定もらいました。」「合格しました。」と3年生が校長室に報告に来ます。「おめでとう。よく頑張った。まだ決まっていない仲間と最後まで一緒に戦って欲しいです。卒業まで、後輩に真面目が当たり前の背中を見せてください」と私は言います。生徒は目を輝かせて「はい、わかっています」と答えます。頼もしい生徒たちです。その後も「面接の練習お願いします。」と3年生が何人かやってきました。3年生の進路実現に向けて全職員で応援していきます。レジの前で「お先にどうぞ」の声を掛けることは勇気のいることです。その行動が出来ることで、人生を一歩前に踏み出せます。成長とはそんなことです。電車やバスの中で、お年寄りや体の弱い人に席を譲ることも成長することです。

頂上へGO!