News List 校長日記
熱血校長の希望日記

職人

2017.10.10

 10月10日火曜日の朝です。朝の月が空高く昇っています。コスモスの花とススキ穂が朝もやの中に揺れています。少しずづ秋に染まります。しかし今日日中は暑くなりそうです。8日日曜日に城北地区の高校演劇発表会が荒尾市でありました。本校の演劇部の演技に感動しました。昨年全国大会出場経験の2年生の二人は貫禄の演技をします。劇の場を包み込みます。1年生の3人がそれぞれに個性を発揮し成長した演技を見せてくれました。苦労を乗り越え名門城北高校演劇部の存在を示してくれました。スタッフの2年生Tさんもがんばりました。そしていつも感動することが演劇部OBの松井さんの部への献身的なサポートです。こんな先輩がいるから後輩が一生懸命に先輩についていくのです。看護専攻科の先輩も応援に駆けつけていました。見事県大会出場を決めました。県大会での活躍を期待します。高校時代に何かに一生懸命に打ち込むことは人生の土台になります。人生の土台をつくる「職人」が私たち高校教師ではないかと信岡先生をみて思いました。そして思いました。私たちが「職人」としての気概を持って教育に、いや生徒に職人気概で向かうなら「仕事が面白くなる」はずだと。城北フィロソフィに「職人気概で」を加えるならと思いました。

頂上へGO!