News List 校長日記
熱血校長の希望日記

美しい学校に美しい心

2017.04.19

 春の嵐で学校内のいたるところに、また希望の坂にも木々の葉や枝が散乱していました。朝早くから先生と寮の生徒たちでその散乱した落ち葉を掃除します。あっという間に学校が美しくなります。学校が整然としてきます。「美しい学校からしか美しい心は生まれない」そう思います。新入生のあいさつ礼儀が美しいです。それは先輩を見習っているからです。美しいい心とは思いやる心です。人を敬う心です。一生懸命に頑張る心です。人に優しく自分に厳しい心です。たくさんの生徒が笑顔であいさつをします。心のそうじをします。心の掃除とは、自分がその場所を美しくすることで「人に清々しさを与える」掃除です。昨日、黙々と心の掃除をする生徒に心を打たれました。自分の心が美しくなるような感じがしました。ミラーニューロンが働いたのでしょう。昨日も、学校にたくさんのお客様がありました。そのどのお客様も学校の美しさに、生徒たちの礼儀正しさに「素晴らしい学校ですね」と褒めてもらいました。先生たちも生徒にたくさん声を掛けています。面倒を見る声を掛けています。生徒たちの美しい心が育っていきます。

頂上へGO!