News List 校長日記
HOME / 熱血校長の希望日記 / 校長日記(平成30年度後期) / 石切り職人 何故勉強するのか
熱血校長の希望日記

石切り職人 何故勉強するのか

2019.04.19

4月も明日で20日になります。野には、れんげ草畑が広がり畔にすみれが咲いています。学校のすみれ文庫の玄関横のハナミズキが咲き始めました。季節は廻ります。応援団リーダーの練習、団の出場選手決め、団看板の絵かきと生徒たちは体育大会に向けて動き始めました。その中で一時間一時間の授業を「授業命」で受けています。何故学ぶのか?勉強する意味を自分の中にしっかりと描くことが大事です。「石切り職人の話」です。勉強する先にある人生を描き切れば勉強に夢中になれるかもしれません。ただ石を切らねばならないから切るのか。ここに人が幸せになる建物を建てるために今石を切る。かです。昨日教務部から今年度の~城北高校の『論語教育』の取り組みについて~のプリントが提示されました。城北高校の建学の精神「人間をつくる」心を磨く教育のひとつの取り組みとして揺るがぬものにする強い思いが感じられました。

頂上へGO!