News List 校長日記
HOME / 熱血校長の希望日記 / 校長日記(平成28年度前期) / 目の前の生徒が成長する瞬間
熱血校長の希望日記

目の前の生徒が成長する瞬間

2016.12.22

二学期が終わります。たくさんたくさん生徒が成長した姿を見れました。もういちど言います。「生徒は無限の可能性を持っている」と。生徒の成長する瞬間に立ち会えて感動をいっぱいもらいました。これは学校に職を持つ者にしかできないことです。その成長が社会をつくるのです。このことに全てを懸けるのが私学の教師です。「城北(うち)の生徒(こ)は時代を担う宝物」です。城北高校の教育に期待をして選んで入学してきた、その生徒たちの期待に何が何でも応えるのが私学である城北高校なのです。城北高校の建学の精神は「人間をつくる」です。社会に出て他の人から人として尊敬されるような人間を3年間で育てる使命が建学の精神、学校を設立した精神なのです。その精神を現実化するのが今の城北高校の教職員の使命です。現実がどうなのか人間をつくっているか?生徒の期待に応えているか?常に現実を見据え、現実をよりよく変えていくのが私学の生き残る秘訣です。秘訣は知性です。知性は、思想哲学です。ビジョンです。志です。戦略戦術戦法です。そして教職員の人間力です。

頂上へGO!