News List 校長日記
HOME / 熱血校長の希望日記 / 校長日記(平成27年度後期) / 画家星野富弘さんは事故で頸椎損傷で首から…
熱血校長の希望日記

画家星野富弘さんは事故で頸椎損傷で首から…

2016.03.09

画家星野富弘さんは事故で頸椎損傷で首から下が全く動かない。事故にあった24歳の時から現在68歳まで口に絵筆をくわえ美しい絵画を描き続けておられる。その絵画に美しい言葉を重ねる。ぺんぺん草の絵にこの言葉が添えてある「神様がたった一度だけこの腕を動かして下さるとしたら母の肩をたたかせてもらおう風に揺れるぺんぺん草の実を見ていたらそんな日が本当に来るような気がした」涙を流すのは簡単です。そかし私は手足が動く。自分の出来ることを精一杯誠実に世の中のために手足を動かさねばと思います。「美しい学校にしか美しい心は育たない」私は30年この言葉を胸にこの職を続けてきました。事務室の若きホープ堀先生は今日も朝早くに誰も見ていないトイレを黙々と磨いてる。

頂上へGO!