News List 校長日記
HOME / 熱血校長の希望日記 / 校長日記(令和3年度) / 生徒とワクワクドキドキ
熱血校長の希望日記

生徒とワクワクドキドキ

2021.11.18

生徒の可能性を引き出すために教師はいる!本校生の見事な伝える力のあるアウトプットに心を打たれ鼻が高くなった県の産業界や行政、学校関係者が聴衆である「産学官連携高校生研究・実践発表会」の場で原稿を細い声で自信なさそうに読むある高校の生徒の姿に、生徒が可哀そうでたまりませんでした!。生徒の自主性とかありのままの問題でなく!。与えられた場を機会に生徒の持っている可能性を引き出すのが教師の使命です。発表する意義、伝えることの意味をしっかりと教えることが教師の使命です。その学校の教員は何をしているんだ!と怒りが込みあげてきました。教員が逃げている!教員が生徒を引き落としていると思いました。校内での小さな達成感でも生徒の心に火がつくことがあります。まして産学官関係者が見守る舞台は、最高の生徒の可能性を引き出す贈り物の場です。うちの職員は「ありがたいね。ありがたいのよ」と言って生徒と一緒に「ワクワクドキドキ」してその場に臨んでいました。嬉しくてたまりませんでした。

頂上へGO!