News List 校長日記
熱血校長の希望日記

生き甲斐

2021.09.30

3年生が卒業写真の撮影を笑顔でしています。「校長先生と撮る」と校長室にも来ます。そんな3年生の笑顔を見ていると涙が出ました。修学旅行もない体育大会もあらゆる行事がない昨年度から今年度。高校生活の物語は学校行事で脚色されます。しかし現実を受け入れ最高の物語をつくって欲しいです。「後輩に背中で感じさせる物語を」生徒に「何のために生まれて 何をして生きるのか」アンパンマンマーチを話します。哲学です。私にも答えられません。しかし、これを若い時に考えなければなりません。中学生のころからがいいでしょうが今、城北高校生には考えて欲しいです。自分の「生き甲斐」。自分だけの「生き甲斐」。これをしている時は命の鼓動が聞こえる。これをしている時は自分が自分になる。人生に胸を張れる。そんな生き甲斐を見つけたいです。

 

頂上へGO!