News List 校長日記
熱血校長の希望日記

物語

2021.09.06

パラリンピックで、一人一人のたくさんの物語があることを知りました。パラリンピックで「人間の可能性」を考えさせられました。これから考えるだけでなく、可能性を、共生を、多様性を形にすることを実行していかねばなりません。「実行」は嘘がつけません。しかし、目の前に未来を担う生徒たちがいます。1ミリの一歩からの実行を生徒たちに伝えていきます。生徒たちの可能性は無限です。生徒たちは今自ら考えていると思います。実行に移そうとしています。ワンピースの物語は終盤です。新聞の一面広告に原画を描く尾田さんの手が「それを みんなに」「伝えてくれ!!!」と書いています。おそらく「みんな仲間だろう!」「大丈夫だ!」をでしょう。城北高校で学ぶ生徒たちは「この坂を上れば希望がある。」の物語をまだまだ綴っていきます。

頂上へGO!