News List 校長日記
熱血校長の希望日記

「場所」

2021.09.17

小説家村上春樹さんが母校早稲田大学に直筆原稿など私物を寄贈した。村上春樹の名を冠した施設の紹介があっていた。村上春樹さんは、その正式名称「国際文学館」への思いと可能性を語っていた。城北高校には「すみれ文庫」がある。私は「すみれ文庫」の利活用について、生徒たちのアイデアをいかしたい。生徒会を中心に「すみれ文庫」という場所を、どう生かして広げていくか自分たちで考えることをして欲しい。生徒(自分)たちの未来を生きる可能性のエネルギーになる場所に。また学校と地域を繋ぐ場所に。若者らしいいろいろな発信ができる場所に。「場所」は人の思い、人の想像の創造で「無限に意味を持つ」ようになる可能性を持っている。中庭の希望の広場も、希望の坂も、ただの階段も可能性の階段になる。

頂上へGO!