News List 校長日記
熱血校長の希望日記

無私利他の希望の力

2016.09.15

無私利他で生きていきたい。遠い道かもしれないがそこを向いていきたい。パラリンピックをテレビで見ると、自分の限界に挑戦する心に火をつけるものは何だろうと考える。限界に挑戦する心に火がついて燃えている。競技者たちは自分で自分の心に火をつけている。それは何だろう?それは自分の心の奥底から遠くから射し込む一筋の光を見やる力、そこに行けると信じる希望心の強さだと思う。それを私は『坂の上の希望』と呼ぶ。その心の奥底の目と希望心は三つ子の時に何度もささやかれた「だいじょうぶ」から生まれる。しかしどんな年齢であろうと無私利他の「だいじょうぶ」を信じる心が強く強くあるならば道は開ける。自分の限界に挑戦する心に火をつけることができる。

頂上へGO!