News List 校長日記
熱血校長の希望日記

泥かぶら

2018.03.05

春雷の夜明けです。一晩中春雷が鳴り響いていました。デュオふきのとうの春雷を口づさみました。学年末考査の月曜日です。生徒の皆さんは、雨の中元気に学校に来て一問でも一点でもの精神で考査を制覇してください。坂の上の希望を思って受験してください。希望とは変わる変われる成長することです。土・日曜日に「泥かぶら」という絵本を読みました。何度も何度も読みました。「うつくしい」ということを、どう考えるか。人間の心についた泥を落とせば人間の本質である美しい真心が現れる。そして、その人の顔つきも、美しい真心の表れとして人に映るというお話です。私も泥のついた心を磨かねばと思います。1パーセントでいいのです。自分の顔をいつもあげて笑顔でいる。人に親切にする。そして、人のためになった「よかった よかった」と無私で思うこと。

頂上へGO!