News List 校長日記
HOME / 熱血校長の希望日記 / 校長日記(令和3年度) / 楽ではないが楽しい学校
熱血校長の希望日記

楽ではないが楽しい学校

2022.03.18

「あたりまえが崩れても新しいあたりまえで生きる。」これが人間の逞しさです。それが真の「生きる力」です。世界で日本で今その生き様を見ています。体感し体験しています。今日は、本校令和3年度修了式です。昨年4月から新しいあたりまえの1年間でしたが、一人一人の生徒が成長しました。確実に成長しています。成長は誰にでも約束されています。何が成長なのか?どこが成長なのか?を謙虚に考え、自分自身の成長に気づくことが大切です。成長に気づき成長が足りないもっと成長すると思うことが大切です。「自分に厳しく人には優しく。」これを城北スピリッツで実行している生徒をたくさん見ました。その行動が城北高校の「空気」です。他の学校と違うところです。「苦しかったです。でも苦しんだ分だけ喜びが大きかったです!」「仲間がいたから最後まで頑張れました。仲間がいたから楽ではないが楽しい学校でした!」頑張り抜いて難関大学を突破した先輩の言葉です。看護師国家試験を受験した先輩の言葉です。今、マスクをしていますが2年生は3年生の顔に1年生は2年生の顔になっています。「先輩を超える!」これが城北高校生のミッションです。城北には「この坂を上れば希望がある」のスローガンがあります。希望とは変わること。変われることです。先輩たちを超える「楽ではないが楽しい学校」に。新年度に日本一の「空気」をつくりましょう。マスクを外して全国どこにもない城北名物「希望コール」を全員で声高らかにする日がもうすぐ必ず来ます。

頂上へGO!