News List 校長日記
HOME / 熱血校長の希望日記 / 校長日記(平成24年度) / 梅の花に替わって、白木蓮やこぶしの花が咲…
熱血校長の希望日記

梅の花に替わって、白木蓮やこぶしの花が咲…

2013.03.08

梅の花に替わって、白木蓮やこぶしの花が咲こうとしています。春の息吹です。30数年前の教え子(何という贅沢な言葉、何も教えていないのに教職という身に感謝)から手紙が届きました。心打たれる感激の手紙です。私のHP校長日記を毎朝見て仕事に掛かること、日記でで授業を受けていると教え子は書いていました。手紙で仕事ぶりを知って私の人生の師のように感じました。一番嬉しいことは、公務員である彼が心で仕事をしていること。使命感で仕事をしていること。希望で仕事をしていること。家族を愛し仕事をしていること。感性を持って生きていることです。当時は若く、浅はかで何も教えられなかった私ですが、生き様で少しでも彼に影響を与えられたらいいなと思いました。人は何歳になっても変わろうとして命を燃やして生きることを。彼の誠実な笑顔を思い浮かべながら生きる力をもらったお礼に手紙を書きます。

頂上へGO!