News List 校長日記
熱血校長の希望日記

根を張る

2019.07.26

朝から蝉が精一杯今鳴かなければと鳴いています。夏ですサーカスのミスターサマータイムが流れています。今年も本校では11月にTEDスタイルのプレゼンテーション大会を開催します。そのプレゼンテータとして名乗りを挙げた5名の生徒のコーチングが昨日から始まりました。TED×kumamoto代表の松岡さんが一人一人と向き合い指導されていきます。「なぜプレゼンするのか?」「何を伝えたいのか?」初日はそこから始めます。コーチングが終わった後、松岡代表にどうでしたか?と尋ねました。松岡代表は「今年の生徒さんは、初日からみんなしっかりと自分の話したいことを持って集まりましたよ。去年よりそこがすごいです。やはりステップアップしていますね」と話されました。私の1年生が二人来てましたがに「1年生の生徒たちもはっきりと自分の語りたいことを持っています」と言われました。たのもしい生徒たちです。今日、希望の坂の桜の木の根が見える場所に「~木の根が見える名所~根を見よ!根を張れ!」の看板が設置されます。また一つ名所が誕生します。人生は自分をつくることです。自分をつくるために根を張ってほしい!どうしたら根は張るのかをずっと考えています。自分をつくる根は二つの働きがあります。一つは育つために栄養分を吸収するためです。根が張れば張るほど栄養を吸収します。知識を読解し物事を知ること。本を読むことも根を張ることです。もう一つの働きは幹を支える働きです。根が張れば張るほど嵐でも幹は倒れません。肥料をやらない木ほど根が張っています。ということは楽をしたら名は張らないで済むのです。苦しいことをする耐え忍ぶときに根は張るのです。根が張っておれば台風や嵐でも倒れないのです。

頂上へGO!