News List 校長日記
熱血校長の希望日記

松浦シズエ先生

2022.12.16

中学生を前に城北高校創設者松浦シズエ先生の娘さん米元三枝本校理事長職務代理者は話されました。「松浦シズエは当時希少だった『洋裁』を学びたいの夢を抱き、今から83年前17歳で上京し東京の専門学校で人より数倍の努力をして洋裁の高い技術を習得します。帰郷に当たり、自分の学びたかった思いを振り返り、故郷で洋裁を学びたいと思ってる人たちへ自分の技術技能で『洋裁を教えよう』と洋裁学校を設立します。先見の目は多くの生徒さんを集めます。多くの学びたい思いを受け入れる環境を更に拡充して城北高校まで設立します。卒業生の働く場も考え洋服を作る会社も設立しました。夢をあきらめない。人のためを思って為すことへの壁を乗り越えるやり抜く力の生き方が形をつくるのです。」と。この話は、熊本県の道徳の教材「熊本の心」に掲載されています。この道徳「洋裁にかけた夢」を山鹿市菊鹿中学校の1年生が学校で学び、昨日、松浦シズエ先生の足跡、洋服を創る株式会社ラ・モードと城北高校を見学した時のことです。松浦シズエ先生の「服を創ることで、人をつくる そして未来をつくっていく」思いは城北高校の教育に繋がっています。

頂上へGO!