News List 校長日記
熱血校長の希望日記

本を読むサピエンス

2018.10.24

 深い霧の中を学校に来ました。霧にも風情を感じます。TVのワールドニュースを視るとホモサピエンスが試行錯誤している。共有するフィクションEUを離脱したメイ首相が苦悩している。その世界の中で、城北高校は昨日ビブリオバトル学年大会を開いた。1年生大会を見たが、8名のクラス代表その堂々としたバトラーぶりに感動した。読んでいる本も内容が深い本だ。本を書く本を読む。ホモサピエンスの特徴である。城北高校は本を読んで思考力を高める人間をつくる。11月3日の本大会が楽しみだ。学年2人の代表6人が5分間で自分が読んだ本を紹介する。それを全校生徒が聴く。そして一番読みたいと思う本に投票する。城北高校の名物だ。読書が前頭葉を刺激する。読書が想像力から創造力をつくる。サピエンスは知恵を搾り野蛮からより良い社会を思考してきた。サピエンスは成功を収めたようだが、「皆、幸せになったのか?」を考える時だ。新しい未来のフィクションが求められる。世界を平和にする新しいフィクションは、新しい想像力から創造される。

頂上へGO!