News List 校長日記
熱血校長の希望日記

普通でない付加価値

2020.06.25

雨の中、女子寮から通うバレーボール部の生徒たちが雨合羽(レインウエア)を着て整然と一列に並んで登校しています!一列で希望の坂を上ります。晴れている日には学校までの途中沿道のゴミを拾って登校します。城北高校の空気(校風)を創っている生徒たちです。感心します。頭が下がります。「プロフェッショナルの仕事」とは、他の人が出来ない付加価値をつけることです。普通の人が投げられないボールを投げる。普通の人が打てないボールを打つ。普通の人が捕れないボールを捕る。だからプロなのです。すべてのプロもみんな同じ、普通の人ができない付加価値をそれに付けるのです。プロフェッショナルの仕事とは、それに「普通でない付加価値」を創り出し、それにつけることです。そのことでそのイメージが変わる。その価値が上がる。のです。それが、他との差別化でありブランドになるのです。付加価値とは、他にはない独自の価値です。

頂上へGO!