News List 校長日記
熱血校長の希望日記

昨日の自分に負けない

2022.04.13

柔らかい新緑の若葉が目に飛び込んでくる朝です。セザンヌはこの若葉をどう描くのだろうと想像します。ビージーズの若葉のころを思い出します。書家の金澤翔子さんは、雨が降っても雨はいいねと言います。雨も風も台風も友達と言います。ニューヨークの国連本部でスピーチしても近所の公民館で話をするのと同じ感覚なのです。「偉い」がないのです。人との比較がないのです。母親の泰子さんは、「翔子を見ていると、私たちがいる社会ではないところにいて、ある絶対的な摂理を感じている気がします。と話します。羨ましいけど翔子さんにはなれません。しかし、人と比較しない。自分と勝負する。昨日の自分負けない今日の自分がいる。そんな考えの自分でありたいです。

頂上へGO!