News List 校長日記
熱血校長の希望日記

日差しとピグマリオン

2018.05.30

梅雨に入りました。今から雨に濡れる紫陽花が見れます。紫陽花の葉にのっているカタツムリも見れます。雨が降るから私たちは生きられるのです。私たち人間を含む地球の全ての生命は水の中から生まれたのです。38億年前に。梅雨の時は、400年前に日差しが窓から射し込むフェルメールの絵を観ます。フェルメールは日差しを描く天才です。きっとセロトニンをたくさん体内に秘めていたのでしょう。昨日は10数名の中学校の先生と話しをしました。たくさんの生徒の名前が出ました。「城北高校生になっている生徒を見てもらいたいです」と話しました。生徒たちは天使です。いろんな天使です。生徒たちは必ず可能性を秘めています。遺伝子のDNAの数は同じです。私たち教師は「ピグマリオン」にならなければなりません。

頂上へGO!