News List 校長日記
HOME / 熱血校長の希望日記 / 校長日記(平成24年度) / 新しいものを生むためには、いろいろな苦労…
熱血校長の希望日記

新しいものを生むためには、いろいろな苦労…

2013.03.25

新しいものを生むためには、いろいろな苦労や苦心や不自由があります。しかし新しい希望の光がそれを消してくれます。昨日新校舎建設のため今の校舎から机や椅子やいろいろな備品を運び出しました。大変な作業でしたが全生徒と職員が登校して心を一つにしてあっという間に終わることが出来ました。すごい一致団結です。いよいよ四月から新年度がスタートします。「満足させているだろうか?」生徒を、保護者を、中学校を常に考えて臨みます。「満足させる」来年度のキーワードです。論語教育を推進します。「論語」の思想を「学習という概念を人間社会の秩序の基盤とする思想である」と「超訳論語」の編訳者の安冨歩氏は分析しています。学習回路を開いている状態が「仁」であり、仁たり得る者を「君子」と呼ぶ。と解説しています。私が自分のことより先ず人のことを思えとは、人の役に立つため学ぶことである。と言う思いと重なっています。

頂上へGO!