News List 校長日記
HOME / 熱血校長の希望日記 / 教育は希望
熱血校長の希望日記

教育は希望

2018.12.25

澄み切った冬の朝空に満ちた月と明けの明星が輝いています。冬休みになっても寮生が希望の坂を掃除します。国家試験対策に、課外に、模試に、調理実技検定に、部活動に努力を積み重ねています。青春とは希望線を高く引くことです。その希望線を越えようと挑戦することが青春です。青春は挑戦する限り続きます。私もいつまでも青春の中にいたいと思っています。自分の愚かさを人に言い訳をしないで、学ぶべき人から素直に学び、人さまに「あなたのおかげで」と「あなたがいてくれたから」と言われる自分をつくる挑戦をし続ける覚悟です。これを「志」と思いたいのですが、まだ「志」と言えるのかと思っています。学校は希望の象徴でなければなりません。教育の究極は「世界の平和ため」「地球を素晴らしい星として守ること」です。教育は世界の希望です。自分のことより先ず人のことを思える人間をつくるのです。学校は人間の能力を世界のために発揮させる力をつけるところです。夢を育てるところです。

頂上へGO!