News List 校長日記
熱血校長の希望日記

教育は希望

2018.04.03

サイモンとガーファンクルの歌に「四月になれば彼女は」がある。私は、四月になれば新しい出会いが人生をまた彩っていくと解釈している。春の息吹エネルギーが満ち溢れています。新学期や入学式は、可能性への扉です。希望です。希望とは良く変わることです。学校での教育の究極目的は、世界平和を成し遂げる人間をつくること。美しい地球を守る人間をつくることだとずっと考えてきました。そして、教育とは「希望を与えること」と信念をもって今まできました。希望とは、「人はみな良く変われる。自分が良く変わって世の中を良く変えれる。」の信念を教えてきました。「出来たね。出来るじゃないか!」「ここが良くなった、成長した。ここを直せばもっと良くなる、伸びる。」と言ってきました。「成長は誰にも約束されている。」と教えてきました。私もこれから成長します。「陽気な善人」を目標に。

頂上へGO!