News List 校長日記
熱血校長の希望日記

授業命を学ぶ

2020.04.15

城北の進化する「7つの学び」その3、【授業命を学ぶ】

1時間1時間の真剣勝負の授業の中に、あなたたちが未来を生きるヒントがあります。授業は、教師と生徒が一体となって創りあげるものです。そこで、授業命のキーワードは「学ぶ姿勢」です。なぜ、城北高校は「授業命」を学ばせるのか。「授業料」私たちは、学費とは言わないで、学校に支払うお金のことを、「授業料は・・」「授業料を・・」とずっと言ってきました言っています。それだけ授業とは、価値の意味がある費用対効果を意識するものです。そのために授業には「ねらい」があります。その狙いの中に、未来を生きるために身につける理解力・読解力と想像力と表現力がすべてが含まれています。また、「教科書」は読めば読むほど知識の宝庫です。非常によく考えて科目の内容を構成してあります。学ぶ側(生徒・学生)の「学ぶ姿勢」で、授業は決まります。「学ぶ姿勢」が何かを求めていること。それに真剣であればあるほど教師が変わりま。「学ぶ姿勢」で教室が変わります。では、「学ぶ姿勢」とは何か?求めることです。自分の人生の物語をつくることを求めることです。それを教え、学ばせるのが教師です。「学ぶ姿勢」は生徒・学生がつくるものでなく教師がつくるのです。

頂上へGO!