News List 校長日記
熱血校長の希望日記

持っている空気

2018.04.05

4月5日木曜日に朝です。里山に鶯の囀りが聴こえました小さな鳴き声です。だんだん上手になってくるでしょう。里山を遠く見やると、やはり木々に絡まった藤の花が薄紫に咲いています。自然のエネルギーです。この風景を、ゴッホやモネやセザンヌはどう描くのだろうかと想像します。昨日は看護専攻科2年生の始業式をしました。本校5年生になった39名の学生たちの顔は輝いていました。「あなたたちが目指している看護師という仕事は、世の中を救う素晴らしい仕事です。博愛の素晴らしい看護師の夢にしっかり向かってください。」『苦しんでいる患者様を、医者は薬や手術によって苦しみを取り除きます。看護師は、その言葉と、持っている空気と、看護技術で患者様の不安や苦痛を和らげてやるのです。』の鎌田實先生の言葉を紹介して、持っている空気を感じ取ってと話しました。

頂上へGO!