News List 校長日記
熱血校長の希望日記

戦争はあってはならない

2018.08.16

理解に苦しむ人間の言動の歴史8月15日の昨日は日本がした戦争の終戦の日で、新聞記事やテレビでの戦争記録を読んだり見たりした。戦争ほど人間を人間の心を持たない悪魔というより悪ロボットにするものはないと思った。戦争ほど間違ったばかげたものはないと誰もが思うと思う。しかし人間は不可解な動物である。戦争をするのである。教育は無力ではない。それを回避する心を育てるのは教育しかない。戦争はあってはならないから。「思いやりの魂」を全身に植えつけるのは教育しかない。

頂上へGO!