News List 校長日記
HOME / 熱血校長の希望日記 / 校長日記(平成29年度前期) / 成長を喜び互いに認め合う
熱血校長の希望日記

成長を喜び互いに認め合う

2017.10.31

 夜明けのなんと美しい朝焼けでしょう。地球は自らが回りながら太陽の周りを回っています。また今日も朝が来ました。ひんやりから肌寒い朝が、あの嫌だった夏の暑さが懐かしく思われます。芙蓉の花が咲いています。鶏頭の花も、皇帝ダリアの花も咲きます。これから美しい紅葉が見られます。季節の移ろいの感性が生きる力になります。人間には、感性と知恵があります。持続可能な地球であるための知恵が、足りるを知る知恵が。辛い坂道ほど、厳しい坂道ほど人間を成長させるのです。さらに成長するためには知恵を出し合ういや、知恵を重ね合うのです。成長できることを喜び合うのです。生徒会の役員のみんなが記念式典が終わった翌日から休みの日も学校に出てきて50周年記念学園祭の準備をしています。協力し合って成長しいています。成長し合うことが人間にとって一番幸せなことです。成長を互いに認め合うことが一番の生きる力になるのです。これは大人にとっても大切なことです。自己を資質向上させ、互いに職員同士で認め合ってシナジーを創りだしましょう。しかし、人間は知恵があるから狡さを持つのです。そのことをまた明日考えましょう。

頂上へGO!