News List 校長日記
熱血校長の希望日記

意味を理解する力

2018.08.03

おはようございます。毎日暑い日が続いています。しかし日本はこれから秋が来て冬が来ます。そして桜の春が来るのです。でも今こそ、一人一人が地球温暖化を真剣に考えねばなりません。それはAIにはできませんから。荒井紀子さんは、著書『「AIvs教科書が読めない子どもたち』の中で、「AIに代替えされない人材とはどのような能力を持った人なのでしょう。それは、『意味を理解する能力です』AIは意味を理解しないからです。」と書いています。そして、意味を理解する能力は、「読解力」であるとズバリ言っています。そして、日本では、教科書に書いてある文章を読み解く力が、中学生から欠落していることを指摘しています。そのことが、これからその中学生が生きていく社会でAIに淘汰される現象が起きると警鐘を鳴らします。意味を理解しないで、アクティブラーニングをしても絵に描いた餅とも指摘します。国語力をしっかりと付けることが重要です。一冊の文庫本でもいいから、何回も何回も精読する深読みすることもヒントにあげています。私は、すぐ灘中学校の橋本先生の中勘助の「銀の匙」を三年間かけて授業する成果を思い出しました。文章を読解してその「意味を理解する」生徒を城北高校は育てます。育てねばなりません。

頂上へGO!