News List 校長日記
HOME / 熱血校長の希望日記 / 校長日記(平成26年度) / 心をつくる城北高校の今日の論語「子曰わく…
熱血校長の希望日記

心をつくる城北高校の今日の論語「子曰わく…

2014.05.22

心をつくる城北高校の今日の論語「子曰わく、学んで思わざれば則(すなわ)ちくらし。思うて学ばざれば則ちあやうし。外からいくら学んでも自分で考えなければ物事は本当には分からない。また自分でいくら考えても外から謙虚に学ばなければ自分よがりな狭い認識にしかならない。謙虚に学びそれを自分でしっかり考え掘り下げることが「学ぶ」ことの極意である。と言う意味です。城北高校は生徒を「論語教育」で心を磨き育てます。一年生が出身中学校の恩師に手紙を書きました。それを今我々職員で中学校に届けています。「先生お元気ですか。あれだけ城北高校にいきたくないいきたくないと言っていた私が、一ヶ月後城北高校にきてとても良かった!と言ってることが自分でも信じなれないです。今高校生活とても充実してます。」ある生徒の手紙の一文です。全部の手紙を読みました。一人一人いろいろな思いで城北高校に入学してきています、「満足させる。城北高校にきて本当に良かった」と全生徒に思わせる。

頂上へGO!